画像タグ(イメージタグ)について「ホームページ基礎知識」

こんにちは、ホームページ制作のUTO WEB STUDIOです。

今日は画像タグについて書きます。

自身で撮った写真やPhotoshopやIllustratorなどで制作した画像を貼る場合はタグを使用します。

<img src="https://○○○.com(画像のURL)" alt="テキスト" width="800(画像の横幅)" height="150(画像の縦幅)" >

「src」が表示する画像ファイルを指定します。(表示するには、画像を事前にアップロードする必要があります。)
「alt」 画像の説明。
「width」は画像の横幅をピクセル、パーセンテージで指定します。
「height」は画像の高さをピクセル、パーセンテージで指定します。

「alt」で入力したテキストは画像には表示されないのになんで必要なの?と思われますが、
altを記述すると、検索エンジン(GoogleやYahooなど)にコンテンツの内容を正確に伝えられるというメリットがあり、画像検索において上位表示を狙う場合には重要な要素です。
また、画像検索結果で表示されるので、メリットといえます。

ホームページを制作する上で、必要なタグなので覚えておきましょう。

それではまた次回!


UTO WEB STUDIOでは福岡県を中心にホームページを制作しております。
企業から個人まで幅広く承っております。
ご相談だけでもOK!気軽にご相談下さい。